Tomorrow is another day

我が家のうさぎと猫とのゆるゆるした日々とあれやそれ。

TOP | RSS | ADMIN
« NEW | OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶちぶじしゅ~

本日のぶち

ぶち無事退院しました。


当初の予定では
筋肉層の上にある「何か」を切り取る
だけだったので、手術当日に退院出来る予定でした


が・・・


実際は筋肉層に「何か」が出来ていて
それが大きくなり筋肉層の上にまで広がっていた(これが触れた)
と言う状況でした


なので、筋肉も切り取る事に。
筋肉取ったので穴開きますから
どちらにしても一緒なので開腹して前回の手術の部位も見てもらえました。

前回の手術部位周辺の臓器には転移無し
リンパ節に米粒大のものあり→切除して検査に
(前回の時にリンパ節転移はありましたからある程度覚悟はしてます)


手術の後面会に行ったら痛いのか
とても不機嫌で唸ってました^^;)


1日様子見で入院
翌日の夜退院しました。



ゆっくりしようね


食欲はまだあまりなく、いつもの半分も食べない。
ひたすらじぃーーーーーっと寝てます。


年末ぎりぎりに抜糸に行きます。
その頃には検査結果も出てるかな。



取り敢えずゆ~っくりしてます^^。



「病院でくつろぐ猫は君だけだよ~w」

くつろぐぶち

病院行ってきました。

抗生物質飲ませていたけど触った感じでは全然変わってない?ちょっと大きくなった?


前回しなかった血液検査もする事に。

肝臓は
ALT 631 → 56(基準値12~130)
AST 323 → 25(基準値0~48)
と一気に基準値内に。
特に何もしてないのだが・・・。
前回の値は何だったろうなぁ。

膵臓はまだ基準値ギリギリでオーバーだけど、まぁこの程度なら麻酔できるだろうと・・・。


ん?麻酔?



ここは病院の診察室
(血液検査の結果待ち中~。思いっきりくつろいでます、ぶち 笑)


はい。
ぶち、手術する事になりました。

細胞診の結果では炎症反応があっただけでしたが
実際にはちゃんと摘出したものを検査しないと分からない場合もあるし。
ちょっと大きくなっているような。
(小さくはなっていない)

肝臓の値が悪かったら考えちゃうけど、
もし手術するのなら体力もあって元気な時の方がいいしね。

今回は腹腔内ではないし、レーザー手術だから出血も少ないし、
上手くいけば日帰りも出来ちゃうかも?


それでもやっぱり手術は心配ですが・・・

本猫は全然気にしてません 笑


先生にもすりすりごっちんで挨拶。

今回も【接待部長】の名に恥じない接待ぶり 爆



手術は12月18日

その日は絶食・絶水なのを忘れないようにしなくちゃだー!




秋はあったのか?な1年1ヶ月

先月は、なんだよ夏に逆戻りかよ?だったのが
一気に冬です。
寒いッス・・・。


男組

最近男3匹で暖を取ってます。
ぶちと小僧は相変わらずべったり~で、
ちゃいがそこにちょっと寄りそう感じ^^。

女子は2匹であたため合う・・・とかは皆無です^^;)





さて、先月肝臓と膵臓の数値が悪かったぶちですが、
その後の検査は11月末~12月頃行こうかと思っていました。

がっ!

なんとな~く触ったお腹に硬い物が触れる。。。再発?
時々お腹触ってたけど、こんなん無かったぞ。
ここ1~2週間くらい?で急に出来たのか???

即効病院予約して診てもらいに行きました。


触診後、お腹の毛を剃ってエコー検査。
ついでにお腹の中全体的にチェックも。

肝臓にはのう胞が見られたけど、これは心配無し。
腎臓は左右ともとても綺麗。
胃~腸も再発見られない。
膀胱はおしっこがいっぱい溜まってたけど、異常無し。

と、ここまでは異常なし。


さて、問題の硬いものは・・・
筋肉層と皮下の間にあった。
腹腔内ではないので、前回の線種の再発とかではなさそう。
注射器で内容物採取して、詳しい検査に出す事に。

3日後
検査の結果、特に何かの細胞は出ていなく、白血球が出ていると。
取り敢えず1週間位抗生物質飲ませて、様子を見ましょうと。


と、今抗生物質飲ませている最中です。


来週また病院に行ってきます。
で、その時に肝臓、膵臓の血液検査もする予定。


前回のあと、食欲は普通に戻り、吐く事も1回もなく過ごせてきてただけに
なんでしょうねぇ。。。

と、悩んでも仕方ないので抗生物質飲ませて結果次第ですね。


ぶちは相変わらず元気いっぱい、食欲満点です^^。
まぁ、毛を剃られたからお腹はちょっと寒くなっちゃったけどね^^;)




夏に逆戻り?!な12カ月

10月ですよね?
秋真っ盛り・・・なはずですよね?

な位暑い連休中日
ぶちの12カ月検診に行ってきました。


元気いっぱいで先生に褒められちゃうね~♪
なぁーんて思っていたんですが、、、


その前の金曜日の朝、ご飯吐いた。
まぁ、元気もあるし様子見で。

その夜はいつも通り。

土曜の朝方(と言うか、金曜の夜中か)
『ドカッ!』って音で見たらぶちがベットから落ちていた。
「どした?寝ぼけちゃったか?」ってぶちに声かけたらまたベットに戻って普通に寝たので、これまた様子見で。

土曜の朝ご飯はいつも通り。

土曜日夕方
『ご飯~!ご~は~ん~!』と五月蠅いぐらいのぶちが私のベットから起きてこない。

やっと起きてきたと思ったら、リビングの猫ベットでまた横になったまま。

ご飯の時間になっても起きない。
ご飯の匂い嗅がせてもいらないと。。。


まーじー?!
何があったのか?起こっているのか?

丁度病院の予約が日曜日に入れてあって良かった。。。



ぶち12カ月
(病院行ってお疲れのぶち)


日曜の朝
いつも通りで、朝早くから「ごーはーんー!」って騒いでるけど、
血液検査もするし、レントゲンも取るから「帰って来てからね」となだめつつ
元気なぶちに安心しつつ。。。


レントゲンの結果は
転移もないし、特に問題なし(ほっ)

でも、血液検査の結果が。。。
肝臓・リパーゼが↑↑
若干だけど黄疸も出ていた。。。

膵炎?とか色々疑ってみるも今ははっきりとは分からず。
取り敢えずまた1カ月後位に再検査してみましょうと。。。
(その間に何か起きればすぐに病院だけどね)


帰宅して皆と一緒に遅い朝ご飯。
普通に食欲あって、完食。

うーん。。。
分からんなぁ。。。


ってな事で、また次回の結果次第で考えましょうと言う事になりました。


何事もなく、となりますように。


秋めいてきた、11か月

すやすやぶち

ぶち退院から11カ月

まぁ、特に変化も無く~
食欲大魔神は降臨したまま~
朝5時前から人の顔ペチペチ叩いて『ご飯の時間じゃね?』と催促~(早いし ーー;)


朝ご飯食べたら、その後はずーっと、ずっーーと昼寝
という、体たらくな生活(いや、猫はみんなそんなもんだが・・・)


しかし、去年の夏前は『この調子ではこの夏越えられないかもね・・・』って心配していたのが、
その後無事2回目の夏も越えました。
手術してほんと良かった。

今でも時々変な咳き込みはしているけど、
でも、何より元気で、誰よりも食いしん坊で、喧嘩したら1番強くて、
そんな普段と変わらないぶちを見られるのが嬉しい。



来月は退院から1年の病院受診月
先生びっくりさせようね^^)/






カイツグリの親子
(8月30日撮影)

この日の翌日、8月30日には親子で仲良くいた
その翌日はちょっと忙しくて池を見に行かれず
(でも、いつも池に居るおじさん情報ではこの日はいたらしい)
その翌日9月に入ってから雛の姿が・・・(涙)

数日様子を見ていたら
親鳥が餌を取ってきても、暫くすると自分で食べてしまう。
(写真の様に餌を取ってきては雛に与えていた)

あぁ・・・これはもぅ雛はいないな・・・と。

カラスにやられたのか、かめにやられたのか、分からないけれど
自然は厳しい。


また来年。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。