Tomorrow is another day

我が家のうさぎと猫とのゆるゆるした日々とあれやそれ。

TOP | RSS | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後

『食う事を忘れた食いしん坊』ですが

ここを見ている友達からも「その後ぶちくんはどぉ?」とご心配頂きますのでご報告を



ぶち
(9月18日のぶち&その他)

お腹に何かあるのは分かっているのに何も出来ない状態だったぶち
言葉は悪いですが、掛かり付けの動物病院ではさじを投げられた状況でしたしね

でも、ぶちが弱っていくのをただ眺めているだけでいい訳はないだろー
と、
セカンドオピニオンを受けました

そこでの検査結果

・レントゲンでは肺に転移はない
・場所的にはおそらく腸管膜
・エコーで見たところ他臓器とは癒着はないよう
・血液検査(一般的な検査・最初の病院で実施)では特に問題はなし


そして、この先生には『家の猫なら手術します。』と『うちなら手術可能です。』と



診てもらった日から1週間後に手術が決まりました
(急いだ方が良い、と言う事で10月半ばまで手術予定がいっぱいだったのに
  避妊・去勢など予定を伸ばせるわんさん、にゃーさんに予定日変えてもらっての手術でした。
  動いてもらったわんさん、にゃーさんありがとうm(__)m)



(この先かなーり長いですm(__)m)



9月20日:手術日
お昼前にぶちを病院に預け
『手術が終わったら連絡します』との事だったので仕事しながら待機
予定では手術時間は2時間掛からない、その日のうちに退院可能との事でした

夕方4時頃電話があったので終わったか?と思ったら・・・

『お腹開けてみたら予想以上に酷い状況です。
  大腸にも、周りのリンパ節にも散っちゃってます。
  大腸10cm以上取らなくちゃならない。
  と言ってもやらなくちゃいけないと思うけど、どうしますか?』

と言う確認の電話でした

どうしますか?ったって、
もしダメでも悪いとこ取ってぶちがご飯を食べられるようになる可能性があるのなら
少しでも楽に暮らせる事が出来るようになるのなら

やるしかない
やってもらうしかない

ので、その辺を確認してお願いしました
飼い主は何もできない。祈るだけ。


『終わりました』の連絡が来たのはそれから3時間は過ぎていました

病院に行くと丁度お腹を縫い合わせているところでした

先生の説明では・・・

・盲腸が腫れてしこりのように固くなっていた(←これが触れたしこり)
・腸壁が厚くなって大腸を塞いでいて開通していたのはほんの僅か
・かなり周りに散っちゃっているので再発はすると思う
・小腸~大腸にかけて10cm以上切除
・リンパ節も取れる限り取った

予想以上に酷い状況で思いがけない大手術となってしまった為
日帰りの予定が入院に(まぁ、その方が安心でした)


翌日病院からの電話で
・麻酔から覚めて自分で水を飲み、手術前に食べた物の便も出した
・しかし下血が止まらないのでここ2日間は面会出来ない
(でも夕方状態が落ち着いている時にちょこっとだけ会わせてもらえました)

もぅほんとに飼い主何も出来ません。祈るのみ。



9月23日:手術から3日
面会出来ました
見た目の下血は止まったとの事
この日術後初めての口からのご飯
(大匙1杯強の缶を私が食べさせました^^)
後はご飯を少しずつ食べさせていき
ご飯が腸を通過して出てきた時に潜血があるかないかを確認しながらとなりました



9月24日:手術から4日
夜は診察予約多くて面会出来ないとの事だったので昼間にちょこっと会わせてもらう
お隣さん(白くん(仮名)♂2歳半)とぶちとにゃーにゃー五月蠅い位元気

ぶち

でも、まだうんち出ていない・・・



『ぶちくんうんちしました。潜血もないです。』の連絡があったのは26日の夕方でした



9月28日:手術から8日
面会に行くと相変わらずお隣さんとにゃーにゃー元気

ぶち
(お腹にトイレの紙が付いちゃってますけど^^;)

この日日曜日退院が決まる



9月30日:退院

ぶち
(お腹を舐めようとしてカラーが当たってちょっと赤くなっちゃってます ^^;)

台風の雨が降り始めた夕方4時お迎えに
この日お隣の白くんも退院 ^^)

帰ってきてから夕ご飯に
・退院サポート半分
・アズミラ缶1/6(皆のご飯のお裾分け)

その後『お腹すいたー!』と言うので
アニモンダ(ドライ)30粒以上(を2回要求)

更にその後『まだすいてるー!』と言うので
・アズミラ缶1/4(実はちびたが残したもの)

今までの分取り戻すかの勢いでぶち食べてます ^^)





細胞診の結果:腺癌
・取ったリンパ節の一部からは癌細胞が
・取った腸の切り口近くには癌細胞無し(そこに関しては取り切れた?)
・遠隔転移の可能性は高頻度で考えられる
・取り敢えずの結果で、細かいレポートは後日届く予定


今出来うる最高の手術をしてもらえたと思います

状況からも完治はなくても
もう暫くぶちと一緒に過ごす時間が与えられたと 感謝です^^)


ご心配頂いたり
メールで応援してもらったり
ありがとうございましたm(__)m


ゆるゆる楽しい時間を過ごしていきたいと思います^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。