Tomorrow is another day

我が家のうさぎと猫とのゆるゆるした日々とあれやそれ。

TOP | RSS | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士五湖の結果

4月末に走ったチャレンジ富士五湖の完走証が届きました

富士五湖結果
(今年の完走メダルは白♪なんか富士山ぽくていい^^)ちなみに去年のは黒いメダル


100km女子
14位/107名
(出走者258名 完走者107名 完走率41.5%)
去年は16位でした

当日の最高気温8.0℃ 最低気温0.9℃ 降水量17.0mm
(これは河口湖近辺のデーターなので標高高い山中湖では気温計が0℃を示していました ^^;)


例年6割近くある完走率が4割しかないのを見ると
やはり今年の天候は厳しかったのだねぇ・・・。



富士五湖年代別結果

種目別の年代別では5位でした(去年は7位だったかな?)
去年より40分も遅いのにね。



と、まぁ、これだけを見たら「良く頑張ったんじゃん」に思えなくもないのですが・・・
やはり自分としては順位よりも最後まで「自分の走り」が出来なかった事が心残りなのです。

ってことで、来年はしっかり走ってゴールを目指すぞぉ^^)/



スポンサーサイト

ベランダ営業再開

ベランダ営業再開しました。

ベランダ営業再開


いつからだろ?
ちゃいが家に入った時にはもうベランダ狭くしてた気がする・・・。




参考資料
(参考資料:2012年7月)

日向ぼっこするにも狭かったよね。


今回新しくサク買い足して、今まで外側に置いてあったテーブル・椅子を中に入れました。
外側で雨風、日光に当たってしまって随分いたんじゃったな・・・。




「お隣さんの今日の献立は・・・」

今が1番良い季節だから
たっぷり外の空気堪能するんだよぉ~^^)



野辺山ウルトラマラソン

今年3本目の100kmオーバーのレース
第19回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン(正式名称は長いな・・・)
何とか完走しました。

今回のコースは

野辺山ウルトラマラソン・・・エグイコースだ
↑こんなupdownのあるコース

スタート地点の標高が1355m
コース途中での最高地点が標高1908m
75km越えたところで再び標高1620mまで上ります
と、updownだけでなくプチ高地レース

富士五湖100km走って4週間後のレースなのでどこまで走れるのか???
なので、目標タイムは設定せず、途中で考えようと思ってました。


野辺山駅

前日仕事を終えてダッシュで野辺山に向かいます。
移動に掛かる時間3時間半以上。
プチ旅行っすな ^^;)

受付会場で前日受付を済ませ、宿泊先のホテルへ。
野辺山は大会側が宿泊申し込み者を適当に割り振るので知らない方と同室に。
4名で2段ベット2個。なんか学生時代の合宿みたい(笑)

6時半に夕飯を済ませ、お風呂に入り、
翌日の準備をして8時半には消灯(笑)(ますます合宿ぽい)
まぁ、いつもの如くたいして眠れないまま朝2時起床。
ぼぉーっとしながら準備を済ませ、3時に朝ご飯。
4時には会場に向かって移動してました。

会場でレストステーション・ゴールに置いておく荷物を預けたり、
トイレに行ったり、
何だかんだ慌ただしく準備してたらあっという間にスタート時間(朝5時)

長い旅の始まりです。


八ヶ岳連峰
(前日の八ヶ岳連峰)


スタートして5kmくらいから上り始め、8km辺りからはスーパー林道(砂砂利の道)を走ります。
ここが凄く走り難くて、普段トレイル全然やらない私は脚の使い方が分からず
無駄に蹴ってしまっていたようです。(これが後々に響くんだな)

まだ始まったばかりなのにきついなー>< って思いながら走っていたら
前方で人だかりが。
なんだ?と思って皆が見ている方見たら
綺麗な雲海の上に富士山が顔出していました♪
うひょ~!綺麗~!
ってテンション上がったら、すぐ先が最高地点1908mでした。

やっと下れる~と思うけど、やはり砂砂利は走り難い。

それと同時に、あまりスピード上がってないのに心臓バクバク。
身体全体が脈打ってるみたいだし、何だか手も浮腫んでる?
早く林道終わってくれないかなーって辛抱の走り。

はぁ、やーっとロードに出た~。

細かいupdownを繰り返しながら35km地点(お汁粉エイド)に到着。
ここで、名物のお汁粉(白玉2個入り♪)をしっかり頂き、1回目のトイレ休憩。


たぶん40km手前くらいかな?
(下りの振動でサングラスずり落ちてるし^^;)

再びいやらしいupdownに苦しめられている所に仲間の応援が^^)
ここで冷たいos-1貰ってちょっと生き返ります。

この先ちょっとぐいっ!と上ったら長い下りが続きます。
ひゃほぉ~い♪
って下るのは楽しいんだけど、後半また上るんだよねー・・・。


半分の50km地点到着が10時半位(スタートから5時間半)
目標タイム考えてなかったけど、後半+1時間とみて12時間か・・・。
ちょっと頑張って12時間以内で走れたらいいかな~。


この50km地点のエイドがお蕎麦エイド♪
それも手打ちの茹でたてが食べられます^^)
タイミングが悪いと行列になっちゃうようですが、
私が行った時は丁度茹であがったところですぐに食べられました^^)


さぁ、後半戦!
と思って走りだしましたが、何だか右足首が痛いです><

んー。どう足の置き方を変えても痛い・・・。
ここで、一瞬リタイアする?って思いましたが、
まだまだ制限時間(42km(6時間)・50km(7時間)・71km(10時間15分)・79km(11時間40分)・87km(12時間30分)・100km(14時間))までは随分余裕あるしなぁ。。。
ってことで、走れそうになったら走り、走れない時は早歩きで兎に角前に進む事にしました。

ゆるっとした上り坂は頑張って走り、きつい上り坂は早歩き、下りと平地は頑張って走る。

そんな感じで誤魔化しながら進みます。
が、最後の10kmになったら足の痛みが限界に。
もぅ1歩も走れないような状況になってました。
「あと10kmないんだからさー、まったく。頑張れよ、自分!」って自分に叱咤激励するも
「無理っす。。。」なお返事な身体。

最後の10kmにたぶん1時間半以上掛かっちゃった^^;)

ゴールが近づいてくると沿道の応援の方が「お帰りー!」って声掛けてくれます。
あぁ、、、やっと戻ってこれたんだなー。
最後の1kmはほんと最後の力振り絞って走ってゴールに向かいます。

やーっと、やーーーっと、ゴール!

時間は 12時間19分49秒(30位/129名)
(女子100km 出走者226名 完走者129名 完走率57.1%)

かなり時間掛かってしまいましたが、兎に角ゴール出来て良かった。ほっ。



って、ここで今回はちょっと終わらなくって・・・

後半ちょーっと無理しちゃったみたいで^^;)

赤い><

翌朝右足首赤く腫れちゃいました^^;)

この赤み自体は結構すぐに引いたのですが、、、



浮腫みが酷い・・・
(余計な事は言わんでよろしーー;)


ウルトラ走ると翌日から数日は足が浮腫んじゃう(甲の筋が消えちゃうくらい)のですが、
右足だけそれが半端ない><
左足の1.5倍位に腫れちゃいました。
そして、その腫れが全然引かなくて・・・
触っただけでビリビリ痛いほど><

鍼の先生に施術してもらってやっとちょーっとだけましに。
(それが↑の状況。それでも右足の方が浮腫みが強い)

先生にも「頑張り過ぎちゃうのもねぇ・・・」と言われちゃいました^^;)


まぁ、1~2週間大人しくしていれば戻るだろうけど、ちょーっと無理しちゃいましたね^^;)



これで今年の100kmオーバーのレースは終了。
でも、まだ長いのが残ってて(笑)
足が治ったらきっとまた走ってます(笑)



【松島や ああ松島や 松島や】

翌日

気仙沼を後にし向かうは・・・

大船渡線で一ノ関まで戻り、東北本線に乗り換えて
向かったのは松島



tunami

一見して町の中は元に戻っているようでした
(数件シャッターが閉まったままのお店もありましたが)

津波の被害はあったようですが
松島は何百とある島が守ってくれたようで壊滅的な被害は避けられたとのことでした
観光客もそれなりに戻ってはきているようで、ちょっとほっ。



松島の牡蠣

松島と言ったら、牡蠣です
天気も良かったので室内のお店では勿体ないと思い
外で食べられるお店で
プリップリの焼き牡蠣、美味しかった~♪
(3個で1皿なのだけど、どうも1個小さかったようで4個になっていました^^)



瑞巌寺

島巡りの船に乗る時間がなかったので
(気仙沼からの移動時間が結構長かった)
瑞巌寺を見る事に

本堂は改修中で見れませんでしたが
その代わりに陽徳院(政宗公正室愛姫)御霊屋が公開になっていました



しろちゃん

ぐるっと見て回って、さぁそろそろ次の場所に・・・
と出口に向かうと
むこうから「しろちゃん」が♪



しろちゃんパトロール中

しろちゃんはめざましテレビにも出演したことある有名にゃんこらしいです
2年前に「11年振りにしろちゃんに会えた」とblogに書いている方がいましたのでしろちゃん少なくとも13歳以上
でも毛艶も良くて若々しい^^)



しろちゃんパトロール終了

今日もパトロールお疲れ様です^^)



五大堂

五大堂をぐるっと見たら本日お泊まりのホテルに向かいます


ゆったりと過ごした2日目終了です




【がんばっぺし 気仙沼】

「今年のGWはどこに行くかねぇ・・・」って話をしていた時
丁度TVで松島の特集をやっていた


【震災で被害はありましたが、今は震災前のような状況に戻っています。
 でも、まだ心配されている方が多いようで観光客数は減ったままです・・・】

と、現地の方の残念そうな表情


「宮城県行った事ないんだよな・・・」の一言で決まりました



東北新幹線 やまびこ

東北新幹線 やまびこ に乗って一ノ関まで行き



大船渡線

一ノ関で大船渡線に乗り換えて 向かうは

気仙沼
(大船渡線は気仙沼から先はまだ不通のままです)



気仙沼の駅に降りたら地元の方が大漁旗(?)を持って笑顔で出迎えてくれました

駅から港までテクテク歩きながら町の様子を伺いながら



ひなびた旅館

駅の辺りは津波の被害がなかったようで
古びた旅館もそのまま残っていてちょっと安心

「この辺は大丈夫だったんだね~」なんて話しながら
大きくカーブした道を進み、信号1こ進んだところで・・・唖然

「何も無い・・・」
二人して言葉を失ってしまいました



風の広場
GROUND ZERO
左の柱時計はあの日のあの時のまま・・・


ここに家が、町があったという事を示す家の土台だけが残り
家も、門も、庭も、、、全て流されていました


気仙沼湾をぐるっと回って行くと
そこにはあり得ない光景が

交差点の道を塞ぐように大きな漁船がまだ残されていました・・・

何度もTVで見たあの光景が浮かび胸がぎゅーっと締めつけられました



復興屋台村

がれきはすっかり無くなっていましたが、まだまだ「復興」には程遠い

今の私達に出来る事は現地に行ってお金を使う事くらい
って事で「復興屋台村」に

復興屋台村はお昼の部と夜の部の間(大体2時~5時頃)は『一生懸命 支度中』ってなっていて
丁度その時間にあたってしまいほとんどのお店が支度中に ^^;)

なので、お土産(気仙沼はふかひれが有名です)買って、
おばちゃんがやってたコロッケのお店でコロッケ食べて
取り敢えずホテルに
(泊まったホテルはちょっと高台に位置していたので津波の被害はほぼ無かったようです)

夕ご飯を食べたら・・・



復興屋台村の夜

復興屋台村夜の部に出掛けます

*屋台村は町内毎に作られているようで気仙沼港の周りで5~6か所位ありました。



復興屋台村で焼き肉

夕ご飯食べていますが、お肉は別腹な我が家ですので焼き肉

お店には観光客だけでなく現地の方々もいて、息抜きしているようでした



まだまだ全然先が見えてこない復興

高台への移転を勧める行政
以前と同じ様に「海と共に生きる」事を望む住民

復興が進まない理由は他にも色々あるのでしょうが・・・



招き猫


1日でも早く皆さん笑顔で過ごせる日がきますように




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。